これから長引く葬儀のお仕事

仕事人間のための冠婚葬祭ガイド

家族葬と密葬の違いについて

密葬と違って家族葬はそれだけで葬儀が完了します

家族葬とは、家族や近親者などで執り行う葬儀のことです。
通常の葬儀と違い、一般参列者の対応に時間を割くこともなく、気兼ねなく故人を偲ぶことが出来るため、近年では増加傾向にあります。
密葬は家族と近親者だけで執り行われますが、家族葬は家族・近親者・親しい友人などで執り行われる違いがあります。
また密葬は、先に小規模の葬儀を執り行っておき、後日一般参列者を呼んでの告別式が行われるのが慣例です。
広く一般的な著名人や、社会的立場の高い人が亡くなった場合、先に密葬を執り行い、後から会場などの段取りを整えて、告別式やお別れの会を行うのです。

家族葬ならば遺族の負担も軽くてすみます

家族葬は、別開催で大々的に告別式を執り行いませんので、葬儀をコンパクトにまとめたい時や、儀礼的な一般参列者を遠慮したい時、予算の都合で小規模な葬儀にしたい時などに用いられ、単体で完結することになります。
大きな会場を確保しても、参列者が少ないと予想される際にも、選択されます。
一般参列者の焼香等に時間が取られず、家族で名残を惜しむ時間が増えますから、感情的な部分でも満足度が高く、評価が上がっているのでしょう。

故人の社会的な立場などを考慮して葬儀の形態を選びましょう

立場的に、一般的な葬儀を希望するケースもありますから、身内に反対者がいないことを確認しておく必要があります。
近親者や親しい知人の連絡漏れがないかなども、チェックするべきでしょう。
故人の葬儀を知らず、参列出来なかったと後々不興を買わないように配慮する必要があるのです。
反対に、参列して欲しくない人がいる場合、家族葬を理由にすることが出来ます。
最近は葬儀社でも、様々なプランを用意しているところが多くなっていますから、こうしたシステムがあることを念頭に入れておき、いざという時に利用すると良いでしょう。

家族葬儀のABC記事一覧