これから長引く葬儀のお仕事

仕事人間のための冠婚葬祭ガイド

親族として感じた家族葬のメリット・デメリット

コンパクトな葬儀を執り行いたかったら家族葬を希望しましょう

核家族の世帯が多くなったりしている影響から近所との付き合いがそれほどないというような状況が多くなってきています。
そのために最近では葬儀のスタイルというものも近所の方が集まって行うというものから、ごくごく一部の人たちで執り行われるようになってきています。
家族だけで送る家族葬というものが登場してきており主流になりつつあります。

親族を家族葬で送るメリットとデメリット

家族で故人を送る家族葬にはどのようなメリットがあり、逆にデメリットが存在しているのでしょうか。
なんといっても家族葬のメリットとしては高くなりがちな葬儀費用を軽減できるということがあります。
大勢が参列すればそれだけ費用がかさみ葬儀費用が満足に出せないケースもありますが、家族だけで行うので費用を抑えることができます。

費用面以外にも故人とのお別れをじっくりできるメリットがあります

また家族だけで送り出すことにより故人とのお別れをゆっくりと行うことができるというメリットもあります。
どうしても参列する方が多い場合には喪主の方や家族の方は参列者の対応に追われてしまい負担が多くなり、ゆっくりとお別れすることもできません。
しかし家族葬であればゆっくりと時間をとることができ、納得したお別れができます。

後日来られる弔問客への対応などが必要になります

逆にデメリットとなりうることには、なくなられたことを後日知った方への対応が必要になるということがあります。
個別に自宅に弔問に来られることも少なくはないので、かえって負担が大きくなることもあります。
また場合によっては友人や知人で偲ぶ会などが開かれることもあり、そのことも負担となるケースもあります。
お金の話になりますが、香典をもらうことができなくなるので香典で葬儀費用を出すということができずにあって費用が高いと感じることもありますので、費用面もデメリットになりえます。

家族葬儀のABC記事一覧