これから長引く葬儀のお仕事

仕事人間のための冠婚葬祭ガイド

一般的な葬儀を行う際の費用と予算の立て方

一般的な葬儀の費用

一般的な葬儀には大きな費用が掛かる場合があります。
もちろん地域などによって差はありますが、平均的な相場としては以下のようになります。

葬儀の費用の内訳

・葬儀費用の基本的な一式には100万円程度、
・会食代に50万円弱、
・寺院の費用に50万円強

以上の予算がかかってきて、全体的には200万円程度の費用が掛かると考えられます。

細かくお金がかかりすぎてしまうのが一般的な葬儀のデメリット

またこれらの正規に支払うもの以外にも世話役や代表、近所の手伝い人に対する心付けが支払われます。
相場としては世話役や代表は5千円から1万円程度、手伝い人には2千円から3千円程度です。
さらに、病院からの遺体搬送費というものがあります。これは基本料金が1万円程度で、さらに遺体の重さに応じて加算されていきます。
飲食の接待には通夜振る舞いや告別式の際火葬から帰ってきた時の精進おとしも含まれます。
これは自分で別のオードブル等を頼むことで安く上げる方法もあります。

お寺さんや葬儀社への支払いが重くのしかかります

寺院への支払額は、お布施のほか戒名料等も含まれています。
戒名料は字数や宗派等によって異なりますし、戒名を生前に着けているような場合は含まれません。
また引き出物や、香典返しなどを注文する必要もあります。
この香典返しは四十九日の法要が済んでからの手配となります。
葬儀社との見積もりの際に予算の正確な額と、その予算の範囲内で済ませてほしいことを伝えておくと驚くような請求額が出ることもありません。

費用のかけ過ぎに納得できないなら家族葬儀を選択しましょう

低料金で上げたい場合には市民葬などの葬祭扶助を受けたり、生協や農協の葬儀を利用したり、故人本人が生前に予約をしておくことなどの方法があります。
また家族葬や直葬などの方法も葬儀費用をかけない方法として注目されています。
予算を立てる際にはこのような式に関わる金額だけでなく、一つ一つは高額でなくても人数が増えることでかさんでくる心付けの料金を気にかけておくことです。

家族葬儀のABC記事一覧