これから長引く葬儀のお仕事

仕事人間のための冠婚葬祭ガイド

家族葬が増えている理由

核家族化が進む昨今、葬儀のあり方も変化してきている。

大きな斎場や自宅、お寺の本堂などでたくさんの参列者に送られるといった昔ながらの葬儀も健在ですが、ごくごく内輪の親族のみで執り行う家族葬も人気がある。
働き盛りで会社や学校へ通っている世代の人の葬儀は、参列者も多く予想されるため大きな斎場やお寺で行う場合が多い。
ただ都会では住宅事情やご近所関係の変化からさすがに自宅で行う人は減った。

大きな斎場と小さな斎場の葬儀の違い

大きな会場の場合は専門のスタッフが取り仕切ってくれるが、会社関係などでお手伝いをお願いするなど気遣いもあり、参列者の接待に時間をとられゆっくり故人を送る事が出来ない場合が多い。
葬儀費用も会場が大きくなればそれなりに増える。
祭壇の種類から花等すべてにランクがありそれらを決める事から始まり、返礼品や精進落としのメニュー等の打ち合わせも増え手間も多く予算も高額になる。
対照的に会社からはリタイアし高齢で亡くなった場合は参列者も少なくなる。
友人とのお付き合いも減り参列してくれるのは子どもや孫の関係者になり、故人の事はあまり知らない場合がほとんどだ。
そのような場合に家族葬を考える事が増えてきた。

家族葬は規模が小さくなっただけでクオリティは高い

故人に近い親族のみで心を込めて送ってあげる葬儀だが、最近では家族葬専門の斎場も出来て人気がある。
スペースも小さくて良いためビルのワンフロアなど、駅から徒歩で行ける等会場のアクセスも良い所が増えている。
斎場に火葬場が併設されているところもあるが、火葬場は別の場合が多い。
もちろん送迎はしてくれるので心配はない。
専門のスタッフが葬儀の間専任で担当してくれる場合が多く、安心して相談できる。
親族のみの為、予算も比較的低く抑えることが出来るのも大いに助かる。
故人を良く知っている親族や心から送りたいと思う人のみで、穏やかにゆったりと葬儀をとりおこないたい人には最適の方法と言えよう。

これから長引く葬儀のお仕事新着記事一覧